県民のみなさまへ 静岡県医師会は、県民のみなさまが健康でいきいきとした暮らしを続けるため、お手伝いをします

薬剤耐性菌を知っていますか?

~抗生物質・抗菌薬が効かなくなる未来を防ぐために~



 近年、抗菌薬(抗生物質)が効かない薬剤耐性(AMR*)を持つ細菌が世界中で増えていることをご存知ですか? 今、細菌感染症の治療において大きな問題となってきています。抗菌薬を大切に使うことが、求められています。 

私たちは病院や診療所を受診すると抗菌薬(抗生物質とも呼びます)をもらうことがあります。抗菌薬は細菌に対して効果のある薬剤です。細菌の一部は、肺炎や血流感染症など感染症を起こします。ウイルスは細菌よりも小さく、抗菌薬は効きません。インフルエンザウイルスや、ノロウイルスなどが有名です。私たちが風邪(感冒)とよぶ症状もウイルスによって引き起こされます。ウイルスに対する薬(抗ウイルス薬)はまだ少数しか開発されておらず、基本的には自力で直す疾患です。

 抗菌薬は、細菌感染症の治療において重要な役割を担っています。しかし、抗菌薬の不適切使用により抗菌薬が効かない薬剤耐性菌が増えます。耐性菌が増えることにより被害をうけるのは、1歳未満の乳幼児、糖尿病やがんなどの病気をもつ方々です。

日本全体で抗菌薬を適切に使い耐性菌を減らす動きが始まっています。私たち県医師会でも、「日常診療で経口抗菌薬を処方する機会の多いかかりつけ医が、率先して抗菌薬適正使用に取り組まなければならない」という思いがあります。さらに、抗菌薬適正使用について、抗菌薬を処方する医師のみならず一般市民の皆様にも広く知っていただくために、今回ホームページに掲載しました。

 皆様がかぜをひいた時、抗菌薬は必要でしょうか? かぜのほとんどはウイルスが原因ですから、抗菌薬はほとんど必要がないのです。かかりつけ医を受診した際、「かぜなので抗菌薬はいりませんよ」と言われたら、その先生はあなたのこと、そして将来のことを一生懸命感考えてくれているのだと思ってください。

皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

*AMRとは
 抗微生物薬は微生物が増えるのを抑えたり、壊したりする薬です。しかし、微生物も様々な手段を使って、薬から逃げ延びようとします。このように、微生物に対して薬が効かなくなることを、「薬剤耐性」と呼びます。
「薬剤耐性」は英語でAntimicrobial Resistanceといい、AMRと略されます。


[外部リンク]
AMR臨床リファレンスセンター
http://amr.ncgm.go.jp/general/
静岡県公式ホームページ 薬剤耐性(AMR)対策について
https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-420a/amr.html

静岡県医師会報 今月のとびらことば

地域医療構想における「在宅医療等」の需給計画に関する現状の問題点~正しい理解と俯瞰的視点の重要性~ 静岡県医師会の理事に就…

続きを読む

健康と医療の便利帳(お知らせ)

  • 急な病気で困った時 救急医療体制について
  • 妊娠・出産を応援します
  • 子育てを応援します
  • 子どもの予防接種について知りたい時
  • おとなの予防接種について知りたい時
  • 生活習慣病について知りたい時
  • がんについて知りたい時
  • 喫煙の被害と禁煙について
  • 静岡県の医療機関を探す
  • 国民医療を守る国民運動について
  • 医療事故調査制度ってなぁ~に?
  • 静岡医療秘書学院で学びませんか?
  • 静岡県医師会認定かかりつけ医
  • サンデークリニック(SBSラジオ)
  • 薬剤耐性菌を知っていますか?

PAGE TOP

〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町11-1
静銀・中京銀静岡駅南ビル4階
tel:054-204-3310 fax:054-204-3312
http://www.shizuoka.med.or.jp