静岡県医師会 静岡県在宅医療推進センター

研修会・講演会の ご案内関係者向け

多職種連携リーダー研修会・地区開催

終了しました。

1.富士市医師会
「多職種リーダー研修会」
日時 平成30年3月15日(木) 19時
場所 富士市医師会館
講演 「在宅医療と多職種連携−IPW(Inter-Professional-Work)の視点から−」
静岡県医師会 理事 小林 利彦
2.熱海市医師会
「伊豆県境フォーラム 街と医療介護をつなぐ会」
日時 平成30年1月26日(金) 19時
場所 熱海市医師会館
3.浜名医師会
「多職種連携のための研修会「かかりつけ薬剤師・薬局とは?」」
日時 平成30年2月22日(木) 19時
場所 湖西市健康福祉センター

在宅医療支援のための研修会

終了しました。

日時 平成30年2月18日(日) 14時
会場 ホテルアソシア静岡
テーマ 「在宅医療の推進を目指した地域医療体制の構築〜病院と在宅医療関係者の連携強化の観点から〜」
プログラム (1)事例報告 1.「がんセンターから在宅療養へ円滑に移行して連携を進めた事例」
さくら醫院 院長 安達昌子
静岡県立静岡がんセンター患者家族支援センター 在宅転院支援室長・看護師長 入江純子

2.「志太医師会在宅医療サポートセンターの生い立ちと取り組み・30歳代胃がん末期患者の在宅医療をダブル主治医で支えた事例」
志太医師会在宅医療サポートセンターセンター長 杉浦正司
志太医師会在宅医療コーディネーター 川村豊伸

3.「症状に合わせて病院と連携しながら在宅療養を継続しているALS患者の事例」
坂の上ファミリークリニック 医局長  鳥羽昭三
浜松市リハビリテーション病院 在宅支援室看護師 高野節子
(2)パネルディスカッション

台湾在宅医療学会研修

終了しました。

日時 平成30年2月6日(火) 13時30分
会場 ホテルセンチュリー静岡
プログラム オリエンテーション
医療・介護の現場視察
全体会

多職種連携リーダー研修会

終了しました。

日時 平成29年12月17日(日) 10時
会場 ふじさんめっせ
プログラム (1) 講義 1.「在宅医療が果たすべき役割」
東京大学 高齢社会総合研究機構  教授 飯島 勝矢

2.「静岡県における在宅医療推進の取組
静岡県健康福祉部理事 壁下 敏弘

3.「ICTを活用した多職種連携(IPWの視点から)」
静岡県医師会理事 小林 利彦

4.「人生の最終段階における医療・ケア」
国立長寿医療研究センター 在宅医療連携部 臨床研究企画室 室長 千田 一嘉
(2) 報告 1.「多職種連携プロジェクトの立ち上げ」
東富士市在宅医療・介護のための多職種リーダー会 代表 鈴木 康將

2.「中山間地域における在宅医療・介護連携の推進」
川根本町高齢者福祉課 馬場 衣海

3.「住民啓発(エンディングノートの作成)」
小笠医師会 会長 加藤 進
掛川市健康福祉部健康長寿課 課長 久野 文義
(3) 演習 「人生の最終段階における医療・ケア(看取り)の推進に向けて」

介護支援専門員スキルアップ研修 介護支援専門員スキルアップ・中央研修

終了しました。

日時 平成29年10月29日(日)  13時30分
会場 シズウェル
テーマ 「認知症の方を在宅医療・介護・地域でどう支えるか」
プログラム (1)講演 1.「認知症をサポートしていくための地域医療・介護の在り方」
浜松医科大学 医学部医学科 地域医療学講座 特任教授  山岡 泰治

2.「認知症ケアにおける多職種連携」
静岡県医師会 理事  岡 慎一郎
(2)シンポジウム・ディスカッション 認知症の人と家族の会 静岡県支部 相談役 八木 敬
島田市地域医療を支援する会 代表 神代 醇一
長泉地域包括支援センター 市川 裕美子
ケアプランYOU&I 中村 眞澄

東海北陸在宅医療推進フォーラム

終了しました。

日時 平成29年9月10日(日) 13時
会場 ホテルアソシア静岡
テーマ 「地域における病院と在宅医療関係者の「協働」〜『ほぼ在宅、ときどき入院』を実現する地域医療体制の構築に向けて〜」
プログラム (1)講演 「病院との連携による安心して在宅療養できる体制づくり」
全国在宅療養支援診療所連絡会 会長 新田 國夫
(2)報告 1.「静岡県在宅療養支援ガイドラインの活用について」
静岡県健康福祉部地域医療課 課長 秋山 泉

2.「病院と在宅療養の現場をつなぐICTシステム〜『シズケア*かけはし』の活用〜」
焼津市医師会 理事、やきつべの径診療所 院長 夏苅 直己
訪問看護ステーションいわた 所長 長瀬 由美
(3)グループワーク&
ディスカッション
テーマ
「入院から在宅療養へ円滑に移行できる体制づくりに向けて」

日本医師会 地域包括診療加算・地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会

終了しました。

日時 平成29年7月30日(日) 9時55分
会場 日本医師会館
(テレビ会議システムによる開催:レイアップ御幸町ビル)
プログラム 9:55 開会挨拶
日本医師会長 横倉 義武
10:00 講義:1.脂質異常症(60分)
江草 玄士(江草玄士クリニック 院長)
11:00 講義:2.糖尿病(60分)
菅原 正弘(医療法人社団 弘健会 菅原医院 院長)
12:00 休憩・昼食(50分)
12:50 講義:3.高血圧症(60分)
有田 幹雄(和歌山県立医科大学 名誉教授)
13:50 講義:4.認知症(60分)
瀬戸 裕司(医療法人 ゆう心と体のクリニック 院長)
14:50 講義:5.禁煙指導(30分)
羽鳥 裕(公益社団法人 日本医師会 常任理事)
15:20 休憩(5分)
15:25 講義:6.健康相談(30分)
新田 國夫(医療法人社団 つくし会 理事長)
15:55 講義:7.在宅医療(30分)
太田 秀樹(医療法人 アスムス 理事長)
16:25 講義:8.介護保険(30分)
池端 幸彦(医療法人池慶会 池端病院 理事長/院長)
16:55 講義:9.服薬管理(30分)
白髭 豊(医療法人 白髭内科医院 院長)
17:25 閉会・挨拶(5分)
日本医師会副会長 中川 俊男
17:30 終了

在宅医療推進員及び在宅医療・介護連携推進コーディネーター合同交流会

終了しました。

日時 平成29年7月5日(水) 14時30分
会場 レイアップ御幸町ビル
プログラム (1)講義 「西東京市の在宅療養支援窓口ができるまで〜在宅療養連携支援センター「にしのわ」の取り組み〜」
西東京市健康福祉部高齢者支援課 在宅療養推進係長  ザーリッチ 陽子
西東京市在宅療養連携支援センター にしのわ センター長   高岡 里佳
(2)報告 1.「在宅医療推進員の活動を在宅医療・介護連携に関する相談窓口の設置につなげた事例」
三島市医療介護連携センター

2.「在宅医療推進員と在宅医療・介護連携推進コーディネーターの両者を配置する事例」
静岡市静岡医師会 医療・介護連携推進センター
(3)グループワーク

平成28年度 在宅医療支援のための研修会 〜 高齢者のリハビリテーション 〜

終了しました。

日時 平成29年2月25日(土) 15時〜17時30分
会場 もくせい会館 1階「富士ホール」
プログラム (1)挨拶 静岡県医師会 徳永副会長
(2)講演 「在宅への円滑な復帰と在宅療養の継続に向けた高齢者のリハビリテーション」
(60分)
 東京都リハビリテーション病院 医療福祉連携室長
 堀田 富士子 先生
(3)事例報告 「安定した在宅療養を継続するための医療とリハビリテーションの連携」
(60分)
 (理学療法士)医療法人社団三誠会 北斗わかば病院  山本 明寛 氏
 (作業療法士)JA静岡厚生連 遠州病院  小坂 幸子 氏
 (言語聴覚士)国際医療福祉大学 熱海病院  秋山 直登 氏
 (管理栄養士)とりい痛みのクリニック  高梨 恵子 氏
(4) ディスカッション (30分)
生涯教育 2.5単位(CC:4,12,13,19,80)

平成28年度 多職種連携リーダー研修会

終了しました。

日時 平成28年11月20日(日) 10時〜16時30分
会場 静岡商工会議所会館 5Fホール
プログラム 10:00 開会挨拶
 静岡県医師会理事 小林 利彦
 静岡県健康福祉部理事(医療介護連携対策・社会健康医学推進担当) 壁下 敏弘
10:10 講義:在宅医療の果たすべき役割
 東京大学 高齢社会総合研究機構  飯島 勝矢 教授
10:40 講義:静岡県地域医療構想とこれからの在宅医療
 静岡県健康福祉部医療政策課長 石田 貴
 静岡県健康福祉部地域医療課長 奈良 雅文
11:20 講義:在宅ケアにおいて何故IPWが必要なのか?
 静岡県医師会理事 小林 利彦
11:40 説明:静岡県医師会における多職種連携支援の取組(ICTの活用)
 静岡県医師会理事 岡 慎一郎
12:00 昼食(自己紹介・休憩を含む)
13:00 説明(問題提起):それぞれの立場から見た多職種連携の課題
 ○ 病院医師:静岡赤十字病院 第一外科部  白石 好 部長
 ○ 訪問看護師:静岡県訪問看護ステーション協議会  櫻井 悦子 理事
  (訪問看護ステーション千本所長)
 ○ ケアマネジャー:静岡県介護支援専門員協会  村田 雄二 会長
  (ラポーレ駿河居宅介護支援事業所長)
 ○ 薬剤師:静岡県薬剤師会  細野 澄子 副会長
  (有限会社 白井薬局)
 ○ リハ職:静岡県リハビリテーション専門職団体協議会  菊池 和幸 事務局長
  (有限会社 田中屋産業 統括本部長)
14:00 休憩
14:15 演習:在宅医療を推進する上での課題とその解決策
 静岡県医師会理事  岡 慎一郎
16:15 アンケート記入
16:20 総括・閉会
 東京大学 飯島教授、静岡県、静岡県医師会

平成27年度 第3回在宅医療支援のための研修会 〜 在宅緩和ケア研修会 〜

終了しました。

日時 平成28年3月5日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム (1)挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2)講演 「在宅緩和ケアの質の向上、医療連携の推進について(仮題)」
日本医師会常任理事
道永 麻里 先生
生涯教育 2単位 CC:5、13、80、81

介護保険研修会・在宅医療連携拠点事業実施地区連絡会

終了しました。

日時 平成28年2月20日(土)15時15分
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム (1)挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2)報告 伊豆市における在宅医療・介護連携推進事業の取り組みについて
伊豆市健康福祉部 健康支援課
秋津 三枝子 課長

静岡市における在宅医療・介護連携推進事業の取り組みについて
静岡市保健福祉局高齢者福祉課 地域包括ケア推進係
木下 晴美 担当課長

「静岡県版在宅医療連携ネットワークシステムを活用した在宅医療・介護連携について(仮題)
公立森町病院 病院長
中村 昌樹 先生
(3)講演 「在宅医療・介護連携の推進について」
厚生労働省老健局老人保健課 介護保険データ分析室
西嶋 康浩 室長
生涯教育 2単位 CC:7、13、14、80

平成27年度 第1回地域包括ケア普及啓発セミナー

終了しました。

日時 平成27年11月28日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
3. 一般県民
プログラム (1)挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2)講演 「京都府における地域包括ケアの実現に向けた取組」
京都府医師会副会長
北川 靖 先生
生涯教育 2単位 CC:4、13、14、80

平成27年度 静岡県医師会 かかりつけ医機能強化研修会

終了しました。

日時 平成27年9月13日(日)10時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム 時間 カリキュラム 講師
10:00 開会挨拶 静岡県医師会副会長 徳永宏司
10:05 1)介護保険 岡外科胃腸科医院院長
静岡県医師会理事  岡 慎一郎 先生
10:35 2)在宅医療
11:05 3)高血圧症 浜松医科大学医学部 内科学第3講座教授 林 秀晴 先生
12:05 休憩・昼食
13:00 4)禁煙指導 岡本石井病院院長 平田健雄 先生
13:30 5)認知症 浜松医科大学医学部 内科学第1講座教授 宮嶋裕明 先生
14:30 6)服薬管理 静岡県薬剤師会常務理事 岡田国一 先生
15:00 7)健康相談 順天堂大学医学部臨床病態検査医学 特任教授
日本総合健診医学会理事  田内一民 先生
15:30 8)脂質異常症 浜松医科大学医学部附属病院 検査部助教 釣谷大輔 先生
16:30 9)糖尿病 浜松医科大学医学部 内科学第2講座助教 森田 浩 先生
17:30 閉会挨拶 静岡県医師会理事 青木一雄
生涯教育 5単位 CC:12、14、29、74、75、76、80、81、82、84

平成27年度 第1回在宅医療支援のための研修会

終了しました。

日時 平成27年6月13日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2) 講演 「大阪府における在宅医療推進事業の取り組み
〜在宅医療コーディネータ配置事業を中心に〜 」
一般社団法人 大阪府医師会 副会長
中尾 正俊 先生
生涯教育 2単位 CC:4、13、14、80

地域包括ケア普及啓発セミナー

終了しました。

日時 平成27年1月31日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
3. 一般県民
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2) 講演 「地域包括ケアシステムの本質と展望」
慶応義塾大学名誉教授
田中 滋 先生
生涯教育 2単位 CC:4、13、14、80
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

第2回 在宅医療支援のための研修会(多職種連携セミナー)

終了しました。

日時 平成26年11月29日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2) 講演 1.「地域包括ケア推進に向けた多職種連携と在宅医療〜長崎での取り組みより〜」
認定NPO法人 長崎在宅Dr.ネット事務局長・日本医師会在宅医療連絡協議会委員
白髭 豊 先生
生涯教育 2単位 CC:4、13、14、80
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

第1回 在宅医療支援のための研修会(多職種連携セミナー)

終了しました。

日時 平成26年9月20日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会長  篠原 彰
(2) 講演 1.「地域包括ケア推進に向けた多職種連携と在宅医療
〜平成26年度診療報酬改定・地域包括ケア研究会報告書からみた課題と展望〜」
日本医師会在宅医療連絡協議会委員・福井県医師会副会長  池端 幸彦 先生
生涯教育 1.5単位 CC:4、13、14
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

医師・看護師スキルアップ研修(かかりつけ医の在宅医療研修会)

終了しました。

日時 平成25年10月12日(土)15時
会場 静岡県医師会館 3階「第4会議室」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 医師・看護師等医療従事者
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会副会長  篠原 彰
(2) 講演 1.「在宅での看取りと緩和ケア」(60分)
医療法人アスムス 理事長 太田秀樹 先生

2.「ケースから学ぶ高齢者の在宅リハビリ」(60分)
東京都リハビリテーション病院
医療福祉連携室 地域リハビリテーション科 課長 堀田富士子 先生
生涯教育 2単位 CC:73、78、80、81
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

平成24年度 第1回 シンポジウム

250名の皆さまのご参加により盛会裏に終了しました。

平成24年度 第1回 シンポジウムの様子1 平成24年度 第1回 シンポジウムの様子2
日時 平成24年10月27日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 1. 在宅医療・在宅療養に従事する関係者
2. 県・市町行政職員
※ 参加者総数 200名程度
テーマ 「退院支援/退院時ケアマネジメントの質向上を目指して」
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会副会長  篠原 彰
(2) 基調講演 ○「退院支援/退院時ケアマネジメントの現状と課題
−国の施策動向と実態調査を踏まえ−」(60分)
国立社会保障・人口問題研究所企画部第一室長  川越 雅弘 先生
(3) シンポジウム ○テーマ 「退院支援/退院時ケアマネジメントの質向上を目指して」

○座 長  静岡県医師会副会長  篠原 彰
助言者  国立社会保障・人口問題研究所企画部第一室長 川越 雅弘 先生

(1)発表(60分/演者4名×15分)
1.「病院における退院支援プロセスの現状と課題(仮題)」
菊川市立総合病院看護部長        市川 幸子 氏
2.「退院支援への医療ソーシャルワーカーの関与の現状と課題(仮題)」
静岡県医療ソーシャルワーカー協会会長  中村 敬 氏
3.「退院時ケアマネジメントの現状と課題(仮題)」
静岡県介護支援専門員協会理事      戸田 美也子 氏
4.「退院支援への訪問看護師の関与の現状と課題(仮題)」
聖隷訪問看護ステーション千本所長    櫻井 悦子 氏

(2)意見交換(60分)
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

平成23年度 第1回 セミナー

120名の皆さまのご参加により盛会裏に終了しました。

日時 平成23年12月3日(土)15時
会場 静岡県医師会館 5階「大ホール」(静岡市葵区鷹匠3-6-3)TEL / 054-246-6151(代)
参加対象 1. 医師、看護師ほか医療関係者
2. 在宅ケアに従事する関係者
3. 県・市町行政職員
4. 報道関係者
※ 参加者総数 200名程度
テーマ 「静岡県の在宅医療体制の整備・推進に向けて」
プログラム (1) 挨拶 静岡県医師会長・静岡県在宅医療推進センター長  鈴木勝彦
(2) 講演 ○「なぜ今、在宅医療なのか(仮題)」(60分)
国立長寿医療研究センター総長  大島 伸一 先生
○「退院支援の進め方と地域連携(仮題)」(60分)
日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科教授  篠田 道子 先生
(3) 意見交換  
その他 公共交通機関等をご利用のうえご来場ください。

メディア掲載実績

中日新聞掲載記事はこちら
2011年12月4日(日)
掲載・ 中日新聞社
電子メディア局 電子編成部 許諾済み
中日新聞掲載記事
静岡新聞掲載記事はこちら
2011年12月4日(日)
掲載・静岡新聞社
編集局調査部 許諾済み
静岡新聞掲載
ページの先頭へ