静岡県医師会 静岡県在宅医療推進センター

静岡県の現状と課題

退院時ケアマネジメントの実態調査の実施について

平成23年10月7日

居宅介護支援事業所管理者 様
介護支援専門員各位

退院時ケアマネジメントの実態調査へのご協力のお願い

平素より、静岡県医師会事業に、ご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、静岡県医師会では、本年9月より、静岡県が事業実施する静岡県地域医療再生計画(全県域版)の一環として、静岡県在宅医療推進センター事業を事業開始いたしました。

本事業では、〆濛隶緡鼎砲ける連携体制の構築、退院支援体制の構築を2本の大きな柱として、今後、在宅医療および在宅療養に関わる全ての関係者の皆さまのご理解とご協力をいただいて、本県の在宅医療・在宅療養体制の整備、推進に取り組んで参りたいと考えております。

現在、静岡県在宅医療推進体制整備・推進協議会の下に2つの作業部会を設置して、今後の事業計画案等について検討を開始したところですが、事業実施に先立ち、第1段階として、本県の実態および課題の把握をおこなうことといたしました。

今回、居宅介護支援事業所管理者ならびにご所属の介護支援専門員の皆さまには、退院支援体制の構築に向けた調査「退院時ケアマネジメントの実態調査」の実施にご理解とご協力を宜しくお願いいたします。なお、本調査では、退院時ケアマネジメントにおける、特にプロセス面からみた諸課題を明らかにし、その結果をもとにプロセスの標準化を図り、ケアマネジメントの質向上につなげることを最終目的としております。

平成24 年4月には、診療報酬と介護報酬の同時改定が行われますが、その際の最重要課題が、「医療と介護の役割分担と連携強化」です。これに関連して、介護支援専門員には、^緡顛Δ箸力携強化(ケアプランへの適切な看護・リハビリテーションサービスの導入を含む)、退院前後における医療機関との連携強化などが求められることになっていますが、これら状況に対し、現場レベルでの調査から課題を明らかにし、その上で、課題解決策を検討・実践していくことが必要と考えております。

結果につきましては、静岡県に提出する報告書に掲載するとともに、静岡県在宅医療推進センターが実施する各種の事業に活用させて頂く予定です。

ついては、お忙しい中とは存じますが調査の目的をご理解いただき、貴職ならびにご所属の介護支援専門員の皆さまに是非ともご協力いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、調査結果については個々のデータを公開いたしませんこと、調査にご協力いただけない場合においても不利益を被ることがありませんことを申し添えます。

静岡県在宅医療推進体制整備・推進協議会 会長(静岡県医師会 会長)
鈴木 勝彦

「退院時ケアマネジメントの実態調査」へのご協力のお願い(依頼文)は右記より
ダウンロードして下さい。
PDFダウンロード
調査票の様式は右記よりダウンロードして下さい。
PDFダウンロード
ページの先頭へ