医師のみなさまへ 医師や医学生のみなさまに役立つ情報をご覧いただけます

勤務医のみなさまへ

日本医師会会員の勤務医比率は全国平均で47.4%(平成26年度)ですが、静岡県では35.6%(平成26年度)の状況にあります。静岡県医師会として、勤務医への支援活動が遅れているのではと反省し、これから各種情報の提供を積極的に進めていくつもりです。なお、日本医師会には「勤務医」の専用サイトが用意され、既に様々な情報提供がなされていますのでご活用いただければ幸いです。

●日本医師会 「勤務医」 専門サイト

さて、勤務医を取り巻く環境は大きく変化しています。先輩の後姿を見て、休みもほとんど取らず必死に働き続けてきた時代もありましたが、これからはある程度、ワークライフバランス等への配慮が重要となってきます。実際、国は今後の「医師の働き方」について、平成29年4月6日の報告書で一定の見解を示しており、ここ数年の医療界での取り組みが見守られているともいえます。静岡県庁地域医療課内にも「ふじのくに医療勤務環境改善支援センター」が開設されました。

●新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会 報告書

●ふじのくに医療勤務環境改善支援センター開設のご案内

また、女性医師の比率が20%を超えた現在、医師のキャリアデザインもこれから大きく変わらないといけないのだと思われます。 とはいえ、臨床現場では相変わらず医師不足が叫ばれています。医師会として、医師不足の原因は大きく「地域偏在」と「診療科偏在」にあるとは考えていますが、現状厳しい環境下で臨床現場を守っている勤務医の先生方に、何らかの役立つ情報を提供し支援していきたいと考えています。

近年、医療の機能分化や医療安全等の強化がこれまで以上に問われ、様々な制度や規制等が新設されています。「病床機能報告制度」に関しては、静岡県医師会として、県の「医療政策課」と協働し適切な医療提供体制の維持が図れるように議論を進めていきます。また、「医療事故調査制度」に対しては、勤務医の先生方が安心して診療に従事できるように、「医療事故調査相談窓口」を静岡県医師会内に設置しました。「新専門医制度」に対しては、医師生涯教育制度の中で、各種研修会の有効活用が少しでも図れるような対応に努めていきます。そのほか、医師会の会員となっていただければ、福利厚生面で、医師年金や医師信用組合、医師協同組合などの「各種サービス」をご利用いただけるような配慮をしています。
(なお、静岡県医師会では、「前期臨床研修医」の無料会員化を実施しています。ご関心のある先生方は、ご連絡いただければ幸いです。連絡先:静岡県医師会事務局総務課 TEL 054-246-6151)
さらに、勤務医にとって「医師の事務作業等を補助する職員」の育成も必要と考え、静岡県医師会では、日本医師会認定の「静岡医療秘書学院」 を支援するとともに、医療クラーク等の生涯教育に積極的に関与しています。 今後、勤務医の先生方に関心のある情報を随時提供していきますので、時々閲覧していただけると嬉しいです。

●日本医師会認定 「静岡医療秘書学院」

  • 医師募集等のご案内
  • 医師会に入会しませんか?
  • 医師資格証のご案内
  • 医療事故調査制度 相談窓口のご案内
  • 医師信用組合からのお知らせ
  • 医師協同組合からのお知らせ
  • 医師国民健康保険組合からのお知らせ

会員専用ページはこちら

  • 各種研修会・講演会のお知らせ
  • 産業医・スポーツ医研修会のお知らせ
  • 勤務医のみなさまへ
  • 女性医師のみなさまへ
  • 専門医制度について
  • 産業保健・スポーツ医学関連のお知らせ
  • 医師の業務支援について
  • 日医生涯教育制度・日医かかりつけ医機能研修制度
  • 各医会からのお知らせ
  • 在宅医療・介護連携について
  • 母子保健関連のお知らせ
  • 母体保護法指定について
  • 予防接種について
  • 感染症情報について
  • 学校保健関連のお知らせ
  • 医療事故調査制度について

PAGE TOP

〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目6-3
tel:054-246-6151 fax:054-245-1396
http://www.shizuoka.med.or.jp