医師のみなさまへ 医師や医学生のみなさまに役立つ情報をご覧いただけます

薬剤耐性(AMR)対策について

~抗生物質・抗菌薬が効かなくなる未来を防ぐために~~

 近年、抗菌薬(抗生物質)が効かない薬剤耐性(AMR)を持つ細菌が世界中で増えています。 中でもメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や基質特異性拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生腸内細菌科細菌は、死亡率や経済的損失に大きなインパクトを与えています。こうした耐性菌は小児や高齢者、基礎疾患を持つ患者に対する影響が大きく、このまま耐性菌に対する対策が取られなければ、2050年には薬剤耐性微生物による死亡者数が悪性腫瘍による死亡者数を上回るというデータも出ています。

 耐性菌増加に最も影響するのが抗菌薬です。私たち医師には目の前の患者さんだけでなく、地域の将来を見据えた治療選択が求められています。抗菌薬が不要な際には使用しない、使用する場合にはどんな感染症、どんな微生物をターゲットに処方するのかを考えて処方するのが抗菌薬適正使用です。代表的な疾患について、県内のアンチバイオグラム(主要菌種の感受性率)をもとに、経口抗菌薬選択の手引きを静岡県AMR部会が作成しています。静岡県の公式ホームページ『薬剤耐性(AMR)対策について』からアクセス可能です。ぜひご活用ください。

 皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

県民向けの案内はこちら



[参考資料]
「外来での抗菌薬適正使用手引き(小児版)」-(静岡県感染症発生動向調査委員会薬剤耐性(AMR)対策部会)
バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)Q&A集-(静岡県感染症発生動向調査委員会薬剤耐性(AMR)対策部会)

[外部リンク]
AMR臨床リファレンスセンター
国立感染症研究所薬剤耐性研究センター(AMR研究センター)
静岡県公式ホームページ 薬剤耐性(AMR)対策について

  • 各種研修会・講演会のお知らせ
  • 産業医・スポーツ医研修会のお知らせ
  • 勤務医のみなさまへ
  • 女性医師のみなさまへ
  • 専門医制度について
  • 産業保健・スポーツ医学関連のお知らせ
  • 医師の業務支援について
  • 日医生涯教育制度関連のお知らせ
  • 各医会からのお知らせ
  • 在宅医療・介護連携について
  • 母子保健関連のお知らせ
  • 母体保護法指定について
  • 予防接種について
  • 感染症情報について
  • 学校保健関連のお知らせ
  • 医療事故調査制度について
  • 薬剤耐性(AMR)対策について

PAGE TOP

〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町11-1
静銀・中京銀静岡駅南ビル4階
tel:054-204-3310 fax:054-204-3312
http://www.shizuoka.med.or.jp